◆ご訪問ありがとうございます。「相続お悩み相談窓口」です!

相談無料ですので、初めての方もお気軽に「相続お悩み相談窓口」をご利用下さい。

この度は、「相続お悩み相談窓口」にご訪問いただき誠にありがとうございます。略して「相続窓口」と言っております!

「相続窓口」は、相続関係のお悩みについて、お気軽に何でも無料相談できる身近な「最初の相続窓口」です。

相続関係で不安やお悩みをお持ちの方のそばに寄り添ってよくお話をお伺いして、「お悩みを解消して安心していただくこと」を目標としております。

実際、相続の問題に対処するには、多方面な知識・実務経験が必要になります。相続税については税理士、不動産登記には司法書士、不動産の境界や測量が必要なら土地家屋調査士、争いごとになったら弁護士、年金関係などについては社会保険労務士、不動産の売買や有効活用などには不動産会社や不動産コンサルティングなと、行政書士だけの業務では対応できないので、当事務所では案件によりそれぞれの専門家と連携して対応させていただいております。当事務所が行政書士として、気軽に何でも相談できる敷居の低いあなたの街の「最初の相続お悩み相談窓口」になって、誰に相談したらいいかよくわからない「相続のあらゆる問題についてワンストップ」で相談にのり、案件の内容によりそれぞれの相続の専門家と連携してお客様のお役に立ちたいと思っています。

◆今、相続が発生して、手続きをどうしたらいいのかお困りのあなたへ!

「誰に相談すればいいのか?」「どうから手をつければいいのか?」この悩みを解決するために当事務所を開設しました。相続関係で切実に悩んでいる方、不安をお持ちの方に寄り添い、あなたのお役に立ちたいと強く思っております。相続手続きには、期限があるものがございます。是非、悩まずに「相続無料相談」をご利用下さい。相続手続きの全体スケジュールや最初にする手続きなどをご提示させていただきます。

相続手続き・死後事務手続きについては、リンク先のコラム「知っておきたい法律の知識12」を参照して下さい。

◆もしものことがあった時、子供に迷惑をかけたくないあなたへ!

元気なうちに子供に迷惑をかけないように、あなたに合った「相続対策」をお手伝いいたします。遺言の作成、任意後見契約の作成、尊厳死宣言の作成、家族信託契約の作成など、あなたの状況に合わせて「相続対策」のお手伝いをいたします。目指すことは、ただ一つ「子供に迷惑をかけない円満な相続」です。是非、「相続無料相談」をご利用下さい。相談内容によっては、税理士・司法書士・土地家屋調査士・社会保険労務士・弁護士などそれぞれの専門家と連携して対応させていただきます。

相続に関する「元気なうちにできることのまとめ」については、リンク先のコラム「元気なうちにできること7」を参照して下さい。

◆おひとりさまのあなたへ!

「もし認知症になってしまったら」「亡くなった後どうなるのか?」など、おひとりさまのあなたの不安やお悩みに対応させていただきます。残された財産は望むところへ遺贈したい、介護をどうするか、葬儀・お墓はどうするのか、など相談させていただき、解決策を提示いたします。遺言作成、任意後見契約、見守り契約、遺言執行、死後事務委任契約などお手伝いさせていただきます。是非、「相続無料相談」をご利用をご利用下さい。

遺言・相続人がいない場合・死後事務委任契約については、リンク先のコラム「元気なうちにできること2」「知っておきたい法律の知識16」 「知っておきたい法律の知識21」 を参照して下さい。

◆LGBTQのあなたへ!

もしものことがあった場合、大事なパートナーの方への相続の不安を解消いたします。現在はまだ大事なパートナーの方は法律上法定相続人にはなれません。財産をその方へ遺す場合は、遺言が必要になります。パートナーの方とあなたの法定相続人との関係も調整することが必要になる場合もございます。認知症になった場合の対応策である任意後見契約や家族信託契約など、ご相談内容によって、パートナーの方が安心できる解決策をご提示させていただきます。是非、「相続無料相談」をご利用下さい。

遺言については、リンク先のコラム「元気なうちにできること2」「知っておきたい法律の知識17」を参照して下さい

成年後見制度・任意後見契約については、リンク先のコラム「知っておきたい法律の知識22」「元気なうちにできること3」を参照して下さい。

家族信託については、リンク先のコラム「元気なうちにできること4」「知っておきたい法律の知識24」を参照して下さい。

◆障がいをお持ちのお子様がいらしゃるあなたへ!

「親亡きあと」でお悩みのあなたへ、財産内容、家族関係等を傾聴し、最善な解決策を提示させていただきます。ご相談内容によって、遺言の作成、任意後見契約、家族信託契約など、いろいろな方法を組み合わせることも提示させていただきます。是非、「相続無料相談」をご利用下さい。

家族信託については、リンク先のコラム「元気なうちにできること4」「知っておきたい法律の知識24」を参照して下さい。

◆事業承継について悩んでいるあなたへ!

円満な事業承継のための対応策を提示させていただきます。遺言作成、家族信託契約、生命保険の利用方法など、相談内容によっては、税理士などの専門家と連携して対応させていただきます。目指すことは、円満な事業承継で家族全員が幸せになることです。是非、「相続無料相談」をご利用下さい。

家族信託については、リンク先のコラム「元気なうちにできること4」「知っておきたい法律の知識24」を参照して下さい。

◆認知症になったらどうしようと悩んでいるあなたへ!

認知症になってしまうと、預金が凍結されてお金が下せなくなってしまいます。不動産の売却や施設への入所契約などがご自分ではできなくなってしまします。その時は法定後見制度を利用するしか方法がなく、家庭裁判所が選任した成年後見人があなたの代わりに法律行為等を行うことになります。しかし、まだ元気のうちなら、自分の希望するする人を任意後見人に指定する任意後見契約を締結しておくことができます。ご相談の内容によって、あなたに合った契約内や家族信託契約などの解決策をご提示させていただきます。是非、「相続無料相談」ご利用下さい。

成年後見制度・任意後見契約については、リンク先のコラム「知っておきたい法律の知識22」「元気なうちにできること3」を参照して下さい。

◆相続について、重要なポイントを知らなかったばかりに、大変なトラブルになりたくないあなたへ!

相続放棄についての3ヶ月ルールを知らなったばかりに放置してしまい、多額の借金を背負うことになってしまったり、維持費ばかりかかって売却できない不動産を相続していまうこともありえます。遺言書を作成したものの正しい法律知識が無いばかりにせっかく作成した遺言書が無効になってしまうこともあります。このように相続については正しい法律知識が必要です。民法の改正も順次行われており留意が必要です。このような時に、是非、「相続無料相談」をご利用下さい。

みんなが間違っている相続トラブルの本当の原因については、リンク先のコラム「元気なうちにできること1」を参照して下さい。

実際、相続いろいろな分野にまたがるため、相続の問題に対処するには、多方面な知識・実務経験が必要となります。行政書士の業務だけでなく、司法書士、税理士、土地家屋調査士、社会保険労務士、弁護士、不動産会社など、ご相談いただいた案件によりそれぞれの各専門家に対応していただく必要があります。

当事務所では、案件によりそれぞれの専門家と連携して「不安やお悩みの解決策」を提示させていただきます。

当事務所が行政書士として、敷居の低い何でも気軽に相談できる「最初の相続窓口」となって、ワンストップでお客様のお役に立ちたいと思っております。

相続人調査、相続財産調査、遺言書作成、任意後見契約、家族信託契約、看取り契約、死後事務委任契約等の書類作成や手続きだけではなく、コンサルティングついても幅広くサービスを提供させていただいております。

出張相談にも対応しています。

当事務所は、千葉県佐倉市で営業しておりますが、事務所までお越しいただく必要はありません。こちらからお客様のご都合のいい場所出張させていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

夕方6時以降の相談にも対応しています。

お仕事の都合で日中の時間がとれない、家族がそろった状態で相談したい等の理由で、夕方6時以降のご相談を希望される場合は、可能な限り対応させていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました