【元気なうちにできること】 まとめ

元気なうちにできること

【元気なうちにできること】 まとめ

1.「あなたには、家族に対して【重要な責任】がある」ことを理解して下さい!

それは、「遺された家族に迷惑がかからない」ように、そして「遺された家族がこれから

も円満に暮らしていける」ように、次のような【3つの準備】をすることです!

親が健在であれば、最初に「親」についての準備を、次に「あなた自身」準備を考えて下さい。

①財産管理対策

「財産管理対策」とは、認知症共有化などの問題で、「資産が凍結される」ことを「防ぐ」ための対策です。

②遺産分割対策

「遺産分割対策」とは、相続人同士が、相続財産分けでもめない争わないためにする対策です。

③相続税対策

「相続税対策」とは、納税資金を用意する対策相続税額を少なくする対策の2つがあります。

「財産管理対策」「遺産分割対策」を考えてから、「相続税対策」を考える順番になります。

2.「相続トラブル」を防ぐ 「重要なポイント」があります!

相続の在り方は、千差万別一人ひとり全く違っています。しかし、「相続トラブル」を防ぐ「共通の重要ポイント」はあります。

それは、以下のような【元気なうちにできること】をすることが必要です。

①認知症により資産が凍結されることに備えるには?

「任意後見契約」を締結して、財産管理身上監護をする対策

「家族信託」を利用して、信託財産等を決めて柔軟な財産管理をする対策

②相続人同士がもめないように備えるには?

「遺言」を作成して、「遺産分割協議」不要にする相続及び「付言事項」で被相続人の「想いを伝える」相続をする対策

「家族信託」を利用して、 信託財産等を決め「遺産分割協議」不要にする「財産承継」をしていく対策

「生命保険」を利用して、「遺産分割協議」が不要な「代償金」として相続に活用する対策

「遺産分割協議」がどうしても必要になった場合は、「もめない方法」を実施する対策

③相続税に備えるには?

「納税資金を用意」するための対策

「納税額を少なくする」ための対策

3.今現在一番大切なことは、次の「言葉」を認識することです!

【人は対策ができるときは何もせず、問題が起きたときは何もできない!】

元気・健康なときは、いろいろな情報があっても問題を感じることができず「相続対

策」を考えることも無く、全く何もしないことが多いのです。

しかし、このときが「相続対策」を行うベストなタイミングなのです。

体調・意識の変化があると、少しづつ問題を感じ始めます。この段階が「相続対策」をす

ギリギリのタイミングなのです。

ここで気が付いて、「相続対策」をすればまだギリギリ間に合います

しかし、認知症になって意思判断能力が喪失した段階では、何もできないことになってし

まいます。

「任意後見契約」「遺言」「家族信託」「生命保険」などの対策ができません。

残るのは、成年後見制度の法定後見だけしかできません。そうなると、家庭裁判所

選任した成年後見人法律どおりの財産管理をし、亡くなったら、問題が多い「遺産分割

協議」を実施しなければならなくなってしまいます。

【人は対策ができるときは何もせず、問題が起きたときは何もできない!】

従って、今現在一番大切なことは、この「言葉」を認識することです!

皆さんは、是非この機会に、「相続対策 = 元気なうちにできること」について考えてい

ただき、行動していただきますようお願いします!

タイトルとURLをコピーしました